クロスセーブ機能

クロスセーブを上手く活用

ゲームの説明を見ていて「クロスセーブ」という言葉が目に入ったことはないでしょうか。クロスセーブとは異なるハード機でセーブデータを共有できるシステムを指しています。

 

「PS3」と「PS VITA」による共有が一般的です。メリットはいちいちセーブデータを移動しなくても済むこと。

 

クロスセーブをする場合、セーブデータは一度PSN上にアップロードし、その後、アップロードされたセーブデータを再びダウンロードします。

 

ですのでUSBを接続したりといった面倒な手順を踏まなくてもよいのです。問題はインターネットに接続できる環境にあるかどうか、ですね。

 

さらに「家にいる時は大きな画面で」疲れた時や外出をする時は「携帯ゲーム機でちょっとだけプレイ」というスタイルが可能になります。

 

忙しい人でもゲームをやりこみやすくなるため、大好きなタイトルがクロスセーブに対応していた場合PS3版とPS VITA版の両方を買う人は意外と多いようです。

 

クロスセーブの仕方はタイトルによって若干異なるので、やり方がわからない場合はヘルプや説明書などを参照してみましょう。

 

クロスセーブのアップロードとダウンロードにはあまり時間がかかりませんので、手軽にできるのも魅力のひとつですね。