お花見の失敗談

意外と難しい時期

春といえばお花見の季節です。友人や恋人と一緒に桜を眺めながらおいしいものを食べると気分が盛り上がりますよね。

 

しかし、お花見も楽しいだけではないようです。調べてみると意外に見つかったお花見の失敗談。中でも多かったのが「開花時期に間に合わなかった」です。

 

3月に入ると徐々に暖かくなってくるのですが、季節の変わり目で体調を崩したり仕事で忙しく過ごす人が多い様子。

 

また冬の装いから春の装いに切り替えたりと、やることがもりだくさんです。そして、そうこうしているうちに3月はあっという間に終わってしまいます。

 

「最近、暖かいと思ったらもう桜の季節なのか」こう感じた経験、みなさんにもあるのではないでしょうか。

 

ニュースなどを見て桜の開花を知り、慌てて花見の準備をするのでは遅いでしょう。準備ができて花見をする頃には桜が散ってしまっているものです。

 

「ちょうどいい時期に花見をしたい」と考えているなら、3月に入った時点で桜の情報をチェックし始めるといいですね。

 

また風が強かったり雨がたくさん降ったりするとせっかく咲いた桜が散るため、天気予報にも目を通しておくことをオススメします。

 

「ちょうどいい時期に花見をする」のは意外と難しいのです。