スピーカーの音質

スピーカーの音質を気にしよう

テレビを購入する際、気になる点がいくつか出てくると思います。その中のひとつが「スピーカーの音質」です。

 

スピーカーがあまりよくないと、音質が悪くなりテレビを楽しみづらくなってしまうのです。

 

中には「音質なんて気にしない」「音が出れば問題ない」と考える人もいるでしょう。では、スピーカーの音質が悪いと、どんなデメリットがあるのでしょうか。

 

まず、音が全体的にシャカシャカした感じとなってしまいます。音が硬質になりますので聞き取りづらく、人の声だとすべてが同じに聞こえてきます。

 

それだけではなくひとつひとつがくぐもった声となるため、なんと言っているのかわからない…ということも多いですね。

 

ミステリーなどセリフが特に大事なドラマなどですと、言葉が聞き取れないのは問題です。

 

そして、小さな音が表現できず、音の細かな部分が聞けないデメリットもあります。また音質が悪いと、せっかくのよい音楽が耳触りになることも考えられます。

 

これらを避けるにはスピーカーの音質がよいテレビを買うか、テレビとスピーカーを別に購入するか、イヤホンを使う手があります。

 

別売りのスピーカーもイヤホンもそれほど高くはないのですが、スピーカーは場所をとるため考えて購入した方がよいでしょう。